『河竹鮨~all of the NIIGATA~』

皆さんに質問です。『新潟』と聞いて思い浮かびますか?

『米』そうですね!コシヒカリ美味しいですよね!他には?

『酒』いいですね!日本酒グイッと堪らないですね!他には他には?

『雪』……まあ確かにそうですけど、もっと他にさ……。

『トキ』……じゃなくて、いやそれもそうだけど、ほら『何とかの幸』で…。

…そう!『海の幸!』日本海の新鮮な魚介類!最高ですよね!!

 

と、このように新潟のイメージを形作る『米』『酒』『海の幸』この3つを満喫するにはどうすれば良いでしょうか?

………そうですね。『河竹鮨』に行くしかないですよね。

では、これから『河竹鮨』の魅力を紹介します!

河竹鮨のここがいい!

その1、『抜群の立地』

河竹鮨は新潟駅から徒歩五分という近さ!また、新潟市随一の観光スポットである萬代橋も徒歩圏内。観光も帰りの足も万全な位置にあるのが河竹鮨なのです。

 

その2、『寿司の概念が変わるネタ』

「本当の寿司というのはここにあったのか。(文責者談)」と呟いてしまうほどのネタの数々。どのネタも美味しかったのですが、今回は特に衝撃を受けたネタをご紹介!

・タコ 甘みと噛みごたえが想像を軽く超えてきた一品。過去食べてきたタコのイメージが消滅しました。

・南蛮エビ いわゆる甘エビ。今まで食べた甘エビと煌めきが違う…。身もプリップリで美味!

・ノドグロ(炙り) 新潟を代表する高級魚。上品な脂が炙ることで芳ばしく!スダチ?を搾ることで爽やかさもプラス!店員さんイチ押しの一品です。

 

その3、「豊富なメニュー」

先程挙げたネタの他にも、お造りや揚げ物、新潟の郷土料理といったメニューがあり目移りしてしまうほど。また、日本酒も数多く取りそろえられているので、何度も訪れて制覇したくなりますね!(ネタも旬によって替わるそうなので四季折々で食べに行きたい!)

 

その4、『お店の温かさ』

河竹鮨の最大の魅力は働いている人たちが醸し出すアットホームさです。女将さんの軽妙なトークに店員の笑顔!(見たことあるような気はしますが…?)席もカウンターで板前さんのプロの腕を見るも良し、座敷で皆と楽しく話しながらでも良しと、特別な時間であると共に心落ち着く空間となるのは間違いなしです!!

 

と、このように、河竹鮨は『新潟』なのです!是非1度寄ってみて下さい。魅惑的な『新潟』を舌で、心で感じとれる空間であることをお約束します。(文責 吉田輝)

JR新潟駅万代口徒歩1分 創業45年老舗の寿司屋【河竹鮨(かわたけすし)】

025-244-2551

新潟市中央区東大通り1丁目2-8河竹ビル1階

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です